中学受験の算数で自信をつける

中学受験の算数では、問題に対してある程度、問題に対して自信があることがポイントとなります。自分でどのように問題を解いていくのか、という意識があれば、それに対して自然と問題へのモチベーションも高くなっていきます。自分で問題を解いていく、という方針を立てられるようになれば、それぞれの問題の難しさや解答のためのテクニックを身につけるようにすれば、ある程度の応用問題を見たとしてもお子さんも不安を持たずに問題に着手できます。

算数は、ある程度、自信を持って解けるようになれば、それがプラスとなって問題に対する精度を高めてくれます。中学受験では応用問題も増えますし、見た事がない難問が出題される可能性があります。しかし、過去に実際に解いたことがある経験があれば、自分の経験を元に解答を導きだせるチャンスは、十分にあります。多少難しい問題だったとしても、うろたえることなく、自らの力で解答を導き出せるように、積極的に問題に取り組むようにしておく意欲を持つことがポイントです。そうすれば、多少の困難が試験の時にあっても、安定して自分の得意の問題や過去に勉強した問題は解くことができますから、ぜひチャレンジしてみてください。