中学受験の算数の応用問題

中学受験の算数では、応用問題が出題されますが、ただ、方程式や丸暗記だけで問題に臨もうとすると失敗してしまいます。それよりも、問題で何をすれば解答に結び付くのか、という正確な知識や方法を身につけることで、正確な解答に結び付くことになります。

自分で「この問題を解く」という方向性を身につけることで、実際に難問にぶつかった時も、それほどプレッシャーを受けないで、解答を見つけ出すことができるようになります。多少、難しい問題だったとしても、焦ることなく、ある程度正確に解答を導きだせるようにしておくことで、算数でも失敗をすることなく、正しく解答を見つけることができます。

算数では、どうしても自分のみた事が無い問題にぶつかることもありますが、そのような時も焦ることなく、正しく解答を導きだすための訓練をしておくことをお勧めします。ある程度、問題に対するコツを理解すれば、問題も比較的スムーズに解くことができます。苦手意識を持つ事無く、どうすれば問題を解けるのか、という方向性を正確に知っておけば、点数も稼げるようになりますし、算数の苦手意識も避けることができますから、ぜひその点を工夫して、早めに問題に着手されるようにしてください。