中学受験の算数は計算力

中学受験の算数は、出題された計算をいかに正確に解くか、という計算力が求められます。この計算力にミスがあると、せっかく知っている問題を出されたにも関わらず、問題を解けずにロスになってしまう可能性があります。問題に対しては、正確に解答をできるように、臨機応変に問題を解けるように知識を磨いていくことがポイントとなります。
中学受験の算数では、なかなか問題を解けないで苦労する部分もありますから、その点を意識してどのように間違わないようにできるのか、という反復の訓練が求められます。この点は、苦手意識があるお子さんの場合、繰り返し、基本的な計算の解き方、間違わないための集中力を身につけることがポイントとなるでしょう。
問題に対して、苦手意識が身についてしまうと、急に問題を解けないようになってしまいますから、ある程度、正確に問題を解けるように勉強を繰り返すようにされることをお勧めします。一度集中力や算数の問題に対するコツを理解しておけば、それからは苦手意識を克服して正確に解くことができますから、算数では確実にプラスにすることができます。ぜひ、算数では苦手なまま問題を放置せずに、ある程度、問題を解けるように計算力アップにつとめてください。