中学受験の算数は飽きないで対策を

中学受験の算数の問題は、根気が必要です。算数で飽きてしまう人は、実際の試験の時にも解けない問題を諦めてしまう傾向があります。そのため、毎日継続して、勉強をする意識や、苦手な算数の問題も興味や関心を持って取り組むようにする意識が解答につながります。算数では、どうしても小学生の理解では難しい部分も多くあります。それらの問題を放置してしまうと、当然マイナスに働いてしまいますから、ある程度、問題について臨機応変に解けるように意識を高めるようにしておくことをお勧めします。

問題について、正確に解くための知識や方法を身につけておくようにすれば、正確に問題を解くために何が必要なのか、ということも身につけることができますし、苦手意識を持たず、正確に解くための方向性も習得することができます。また、お子さんと一緒に算数を勉強する機会があるなら、飽きないで勉強を続けられるような工夫を設けておくようにすることも良いでしょう。算数の学習でどうすれば勉強でも苦手意識を持たずに取り組むことができるのか、ということを知っておけば、問題でもかなり正確に解くためのコツを身につけることができますから、ぜひその点を意識して取り組んでみて下さい。