定石に囚われすぎずに

中学受験は多種多様な問題を、科目ごとに答える必要があります。算数は計算問題や文章問題など、多くの問題を解く必要があるので、それぞれの問題の解き方を正確に把握して、確実に点数を稼いでいかなければなりません。算数の問題を解くためには公式を覚えるなど、受験勉強の方法には公式の暗記や過去問題の復習などがありますが、これらの勉強法で勉強する際は、定石に囚われすぎないように配慮することも大切です。

中学受験の勉強は、暗記に頼りすぎてはいけません。過去問題をたくさん解いていたとしても、問題一つ一つの計算式や回答を覚えているようでは、本当の知識が身についてくれません。過去問題を解いていく際は、単純にやり方を覚えるだけでなく、問題の内容をしっかり読み込んで、その問題の中でどこに注目し、どんな公式を元にして回答していけば良いのかを、常に意識するように指導しましょう。

中学受験の問題では、良く出題される鉄板の問題が必ずありますが、それらの中には細かいポイントを変化させた引っ掛け問題がよく含まれています。こうした引っ掛け問題は暗記しかしていない子が特に引っかかるので、問題を解く際は細かいポイントもしっかりチェックする習慣を付けさせましょう。