場数を踏む

私立や国立など、学力試験を受ける必要がある学校では、小学校の授業では習わないような問題を解く必要が求められます。そのための勉強は学習塾や自宅学習で行うことになりますが、それらは学校のものとは異なる分、普段見ることが出来ないタイプの問題も多く見られます。そうした問題に対応するためには、全く見たことが無いようなタイプの問題を可能な限り減らすために、たくさんの問題を解いて場数を踏むようにしましょう。

中学受験で採用されている問題は、学習塾のテキストでも良く出されていますし、参考書も本屋で販売されています。それらを解いていくことで、どんな問題が出ているのかをつかむことが出来るようになり、回答率も少しずつ高めることが出来ます。特に算数は苦手意識を持つ子どもが多いので、その傾向があるようなら色々な問題をやらせてみて、苦手な問題の傾向にあわせて対策を採ると良いでしょう。

場数を踏んでより多くの知識を持つことは絶対に必要ですが、問題を丸暗記になってしまわないように注意しなければなりません。そうなると過去問題に無かったタイプの問題を解く際、問題の中身を理解しきれずに回答できないことがあるので、過去問題を行う際は、ただ単に計算式や答えを覚えるのではなく、その問題が何を求めているのかを正確に理解できるように指導するよう気を配りましょう。