問題の読み解きが重要

中学受験では当然学力試験を受ける必要がありますが、試験内容は学校によって異なり、同じ学校でも去年とは全く別系統の試験が出る可能性もゼロではありません。特に文章問題は全く同じものが出ることはまず無いので、子どもには正確な問題の読み解きが出来るように指導する必要があります。そのためにはただの暗記ではなく、より深い理解が求められるので、時間を掛けて確実に指導していきましょう。

中学受験では文章問題が様々な形で出てきます。算数に関しても様々なタイプの文章問題が出てきますが、計算問題にしても図形問題にしても、文章内容が全く同じものが出ることはほとんど無いので、公式をしっかり暗記しつつ、問題が何を求めているのかを正確に求めなければなりません。そのためには文章の読み方を学ぶ必要もあり、国語で求められるような読解力を鍛えることで、色々な文章問題にも対応できるようになります。

算数の文章問題を解くためには、色々なタイプの問題に目を通すことも大切です。丸暗記する必要はありませんが、とにかく数をこなすことで、問題ごとに何が求められ、どんな公式や計算を使えば答えが求められるのかを、正確に汲み取ることが出来るようになっていきます。