計算は基礎を学ぶ

よりレベルの高い中学校に子どもを通わせるためには、中学受験を突破しなければなりません。そのためには受験対策をしていく必要があるので、各教科ごとに問題をどう解いていけば良いのかを時間を掛けてじっくりと学ばせましょう。特に算数は苦手意識を持っている子も多く、分からない箇所をそのままにして、それ以降ずっと成績が伸び悩むケースもあるので、早いうちから問題を解く方法を学べ瀬無ければなりません。

中学受験の算数について学ぶにあたり、どのような定石があるのかを知っておきたいところですが、計算問題についてはとにかく公式などの基礎を学ぶことが大切です。例えばゼロをかけるとゼロになるという大人に取っては基本中の基本の知識も、子供のうちだと今ひとつ理解していないなど、思わぬところで躓いていることも多いので、算数を教える際は、前もって何か躓いているところが無いかどうか、以前のテストの回答などを参考に確認してみましょう。

計算問題は公式を覚える必要がありますが、例題ばかりを解くだけだと、その形式の問題以外に対応出来なくなることもあります。そのままだと応用問題に対応出来ないので、暗記するのは公式の内容に留めて、それ以上のことはとにかく色々な種類の計算問題をこなして、どういう問題にその公式を用いるのか、身体で理解できるようにすることで、色々な計算問題に対応できるようになります。